【熱中して吠える君と失くしたストラップ】

雨に濡れたホカホカのステーキ
TOP PAGE >

陽気に熱弁する家族と僕

よく遊ぶチカコはなかなか賢い。
頭が良いんだろうなーと思わされる。
決して人を否定したりはしない。
何この人?と思っても、まずはその人の気持ちを酌む。
なので、考えが膨らむし、強くなれるのだ。
考えを貫くよりも、この方が知佳子にとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、その経験を糧にする方法をよく理解している。

雲の無い週末の夕方に窓から
タリーズコーヒーでも、マックカフェでもどこに入っても香り高いコーヒーを飲める。
他にも、オフィスでインスタントでもいいし、いろんな場所で

私が気に入っているのがスターバックスコーヒーだ。
全店ノースモーキングと言うのは、煙の無理な私にとってポイントが高い。
なので、コーヒーの香りを楽しめる。
値段も決して安くはないが、美味しい豆が使用されているのでコーヒーにうるさい人には最高だ。
甘い物が好きなので来るたびにコーヒーとともに、ついつい甘い物もオーダーしてしまうという落とし穴もある。

よく晴れた大安の日没は足を伸ばして

少年はたいそうお腹が減っていた。
もうすぐ夏休みという時期、小学校から元気よく帰宅しているときだった。
セミももうやかましく鳴いていて、日光は強く、夕方でもまだ太陽は低くなかった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に帰るのがほとんどだけど、今日はあまりにも空腹のため、早いとこ帰ってとにかく何か食べたかった。
少年が食べようと思っているのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨日のカレーは、たしか鍋に多少は残っていたはずだ。
ご飯もたぶん、冷や飯が冷蔵庫に入ってたはず。
少年は期待しながら早足で家へと向かった。
すると顔からは汗が一段と流れてきた。

蒸し暑い大安の早朝に冷酒を
甘いおやつが非常に好きで、洋菓子や水ようかんなどをつくるけれど、子供ができて作るおやつが限られた。
私と妻がとっても楽しみながら食べていたら、子供がいっしょに食べたがるのは当然だから子供も食べてもいいケーキを私がつくる。
自分は、チョコ系のケーキがめちゃめちゃ好きだけれど、子供には砂糖とバターが多い物などは小さなうちは食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやバナナをいれたケーキが健康にもいいので、砂糖とバターを少なくしてつくる。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、大変つくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

自信を持ってお喋りする彼と飛行機雲

雑誌を見ていたり、人ごみに行くと美人だな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、正統派の美人とは言えなくても、個性的だったり、オーラがあったり。
その人の雰囲気は、本人の今までの人生かもしれない。
凄く大事だと思う。
私が見てしまうのはアーティストの西野カナさんだ。
歌番組を見て、初めて質疑応答を受けている姿を見た。
なんてかわいいんだろう!と考えずにいられない。
愛嬌のある顔立ちに、体型も良い感じ、明るい色が凄く似合うイメージ。
会話がおっとりしていて、名古屋弁なのもポイントがアップ。
曲は割と聞くけれど、本人を見てそれ以上にファンになった。

悲しそうに泳ぐ兄弟と夕立
仕事の関係で、日光へ行くことが多かった。
北関東に位置する日光市は栃木県にあって、内陸県で、多くの山々に囲まれている。
そのことから、寒い時期には雪が多く、除雪車やチェーンは必要だ。
秋になると、と東北道を使い、2泊3日で、帰って、また2泊3日という生活スタイルが多く、ニュースなどで日光の様子が紹介されると懐かしくなる。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は旅をしてほしい場所だ。
紹介すると、ツーリストたちのメインは日光東照宮。
江戸時代に活躍した家康の墓があるところで、中の立派な様子に驚かされる。
他にも、山奥にある温泉街。
硫黄泉らしく、濁っていて、熱い湯。
この温泉につかると、冷えも治るのではないかと思う。
東照宮が建てられた時は、日光湯元温泉を目指してかなりの人数の湯治客が集まったらしい。
景色が想像可能な歴史のあるここ日光市。
温泉の紹介も一緒にハイウェイウォーカーなどにたくさん載っているここ日光に、行ってみようと思う。

控え目に口笛を吹く姉ちゃんと僕

観覧するためにめっちゃいっぱい歩く動物園は、7月は大変蒸し暑くてきつい。
友達の家族と自分と妻と子供ともども連れだって観覧しに行ったが、とても暑くてだるかった。
たいそう蒸し暑いので、どんな動物も多くが歩いていないしし、奥の影に身をかくしていたりで、あまり観察出来なかった。
行ける機会があったら次は、クーラーのきいた水族館などがとても暑いときはよさそうだ。
娘が大きくなったら夜の動物園や水族館も雰囲気が違って楽しめそうだ。

寒い仏滅の夜明けに足を伸ばして
求められて、山のモウソウダケの間伐を手伝っていたが、高すぎる竹がめちゃめちゃひしめいていてひどかった。
山の持ち主が山の管理を両親から継いで、大きな竹がかたまり生えていて、どこから手を入れていいかわからない状態だったそうだ。
俺は、業務で活用する太い竹が欲しかったので、もらえることになり、ありがたくて良かったが、うじゃうじゃ竹が生えた里山から運び出すのも大変だった。

凍えそうな水曜の深夜にこっそりと

会社で必要性のある太い竹を規則的に拝領するようになって、願ってもないのだが、竹が余計で出来る限り持っていってほしい土地管理者は、必要以上にモウソウダケを取って運ばせようとしてくるので大変だ。
あきれるほど多く運んで戻っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、処分に困る竹が困ってしょうがないらしく、運んで行ってくれとしきりに請われる。
私もいるものをもらっているので、強く言われたら断れない。

涼しい祝日の昼は散歩を
ある日、沖縄まで仕事に向かった。
この辺はめちゃくちゃ暑い!
ぴたっとした上着の上に、スーツの上着。
汗まみれになりすぎて、スーツのジャケットは大変なことに。
宿泊先にに入って、上着を石鹸で洗濯した。
翌日ジャケットはオレンジの良い香りがした。
ジャケットが痛むのではないかと気になったけれど、何が何でも洗ってやると心に決めていた。

サイト内メニュー

ただいまの時刻


サイト内メニュー


「焼き魚」が好きな人もいれば、嫌いという人もいるだろう。なにも思わない人も。あなたにとっての「ハンバーグ」はどうだろう?

Copyright (C) 2015 雨に濡れたホカホカのステーキ All Rights Reserved.

ページの先頭へ