【のめり込んで吠える友達と飛行機雲】

雨に濡れたホカホカのステーキ
TOP PAGE >

薄暗い仏滅の明け方に焼酎を

友達が、マンションのベランダにて、ミニトマトを作っている。
実がなったらトマトスープを作るらしい。
育てているとは言うものの、頻繁に水も肥料も与えないし、すぐそばでたばこをふかすので、トマトの生活環境はあまり良くはない。
丸1日、水分を与えていないと言う時の、トマトの姿は、緑色の葉が垂れ下がっていて、まるでがっかりしているシルエットに激似だ。
可哀想になったので、水を豊富にあたえると、翌日の早朝のトマトは何事もなかったように復活していた。

曇っている火曜の日没に熱燗を
誰もが知る見学スポットの、法隆寺へ行った。
法隆寺独特だという伽藍配置も十分見れて、立派な五重塔、講堂も見せてもらった。
博物館で、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、考えていたよりも大きなものだった。
このお寺について勉強するにはきっと、多くの時間を欲するのではないかとみている。

気どりながら踊る妹と穴のあいた靴下

太宰の人間失格を読み切って、葉ちゃんの想いも分からなくはないな〜と考えた。
主人公の葉ちゃんは生活するうえで誰だって抱いている部分を、多く持ち合わせている。
それを、自分自身に積み重ねないで酒だったり女だったりで、発散させる。
ラストで、飲み屋のママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
その部分で、主役の葉ちゃんは器用ではないんだと、心から可哀そうになってしまう。

余裕で吠える彼女と読みかけの本
仕事の時間つぶしに、絵本の森美術館に入館して以来、あの空間に病みつきだ。
驚いたのは、一人でじっくり見にきている方もいたこと。
なのでわたしも、一人でも行けるし、誰か誘って行くこともある。
江戸東京博物館は、催し物が非常にそれからは私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸東京博物館は、イベントが非常に横須賀美術館は、私の好きな谷内六郎の展示が数多くある。
彼は、あの週刊新潮の表紙を描いた芸術家だ。
それ以外でも、江戸村の近くにある、夢二美術館でたくさんの絵葉書を買った思い出も。
そんな感じで、美術館にはいつも素敵な時間を貰っている。

暑い祝日の朝は微笑んで

先日梅雨が明け、今日蝉の鳴き声に気付いて、少年は「あぁ夏だなぁ。」と思った。
夏休みを目前に控えた日曜のお昼前、少年は縁側でアイスを舐めていた。
軒下では風鈴がときどき鳴っていた。
朝から暑い日で、太陽が少年の座った足を照りつける。
少年は半ズボンだった。
汗が頬を伝って流れ、アイスも溶けてきた。
少年は、近くの屋外プールのオープンを待ち焦がれていた。

涼しい月曜の明け方に料理を
何かプレゼントを決めなくてはと思っている。
結婚記念日がすぐで、妻に何かプレゼントしたいのだけれども、しかし非常に良いおくりものがうかばない。
家内に何か手に入れたいものがあるのならば、話は早いが、たいして、欲しがるものが存在しないので、喜びそうなものが見当たらない。
だけれども、しかし、ばれないように本人がもらって喜びそうなものを見つけて驚かせて喜ばせたい。

よく晴れた仏滅の深夜は友人と

私は、アパートで個人的に出来るような仕事して、繁忙期にお声がかかると派遣先に仕事に参加する。
たった、何回かだけど、最強にめんどく感じて仕方ない。
この際辞めてしまおうとか。
行けば張り切るけど、大勢の社員に囲まれて、みんなで業務を行うのは大変だ。
そう母に持ちかけると、気持ちは分からなくない、などクスクス笑っていた。

雲の無い火曜の明け方に食事を
友達とお昼に計画をしていた。
大きな駅の恒例の大きめのテレビ画面の前。
早めについて待っていると、少しばかり遅れると連絡がきた。
この場所はみんなの集合場所なので、待っている人もどんどん去っていく。
mp3で音楽を聴きつつ、景色をぼーっと見ていた。
それでも退屈なので近くのPRONTに入って、アイスティーを飲んでいた。
その後、友人がごめん!と言いつつきてくれた。
お昼どうする?と聞くと、パスタにしようと言った。
色々探してみたけれど、いい店を探しきれなかった。

雪の降る平日の午前は食事を

夏は生ビールが大変おいしいけれど、このごろそんなに飲まなくなった。
学生の頃は、いくらでも飲めたのに、年をとって翌日に残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃はとってもあこがれ、行くのがものすごく楽しみだったけれど、会社のつきあいで嫌になるほど行って、私の心の中では、今では、印象が悪い。
しかし、取引先との付き合いの関係でたいそう久しぶりにビアガーデンに行った。
とても久々においしかったのだけれども、調子にのって大変お酒を飲みすぎて、やはり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

息絶え絶えで叫ぶ姉ちゃんと紅葉の山
店の中の列は、ほぼ日本人観光客という感じだったのでその不思議な光景にも驚いた。
そして列は、だいたい買い物目的の日本人という状態だったので、その不思議な光景にもびっくりした。
それは、韓国コスメは肌の栄養になる成分が豊富に使用されているとか。
もちろん、化粧品にも惹かれるけれど店番の人の言語能力にも凄いと思った。
この分野の会話だけなのかもしれないが、日本語が充分に通じる。
私たちは、ちょっとだけ英語を使う気満々で向かった韓国だったが、必要ないくらいに。
必要に駆られれば、努力あれば外国語を理解できるということを知ることができた旅行だった。

サイト内メニュー

ただいまの時刻


サイト内メニュー


「卵焼き」のことを好きという人もいれば、嫌いな人もいるだろう。興味のない人も。君にとって、「手品師」はどう?

Copyright (C) 2015 雨に濡れたホカホカのステーキ All Rights Reserved.

ページの先頭へ